土地の維持費~固定資産税と都市計画税~

土地やマイホームを持っている方は、毎年税金を支払わなければならないのをご存知ですか?

主な税金として、「固定資産税」と「都市計画税」というものが、維持費としてかかります。

●固定資産税

保有している固定資産(土地や家屋、償却資産など)に対して課税される地方税です。

地方税ですので、お住まいの市町村に対して支払わなければなりません。

固定資産税は定められている計算式があり、それに則って算出されます。

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%(標準税率)

この固定資産税評価額は、市町村によって土地や家屋に対して評価をした価格のことです。

●都市計画税

都市計画区域となっている区域内にある土地や家屋に対して条例で課すことができる税金で、地方税となります。

つまり、都市計画区域に土地や家屋を所有している人は支払わなければならない税金です。

都市計画税は、主にすみやすい街づくりのための都市計画事業、さらに土地区画整理事業をはじめとする市街地開発事業に必要となる費用に充てられます。

このように、土地やマイホームを持っている方は、月々のローン返済に加えて、年に一回固定資産税と都市計画税が徴収されるという仕組みとなっています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。